MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2020ー21シーズン終了のご挨拶

2020ー21シーズン終了のご挨拶

ライジングゼファーフクオカを支えてくださる全ての皆さまへ

ライジングゼファーフクオカは、5月3日に飯塚第1体育館で行われたホームゲーム 佐賀バルーナーズ戦をもちまして、B.LEAGUE 2020-21レギュラーシーズンの全日程を終了いたしました。
すべてのファンの皆さまから、シーズン最後の瞬間まで熱い応援をいただいたことに心より御礼申し上げます。

Bリーグ5年目となった今シーズンは、厳重な新型コロナウィルス感染対策を講じながらの開幕となりましたが、大幅なチーム改編と早期の外国人選手アサイン、コーチペップの掲げるオールコートディフェンスが功を奏し好調なスタートを切り、前半は上位をキープしました。しかしながら、後半に至り負傷者が続出し戦力低下と共に徐々に順位を下げてしまいました。チーム理念通り可能性がある限り最後までプレーオフ進出をあきらめずチーム一丸となり戦いましたが、目標を達成することは叶いませんでした。

また、シーズン終盤になって新型コロナウィルスの再拡大がリーグにも及び、全体で70以上の試合が中止となり、当クラブも対戦クラブ内のPCR陽性反応検出により4試合が中止となり、内1試合が消滅となってしまいました。ご心配とご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

そういった苦しいシーズンの中、ジョーダン・グリン選手がデビュー試合で3ポイントシュート11本成功というリーグタイ記録達成や、特別指定選手として郷里福岡に一時帰還した小川麻斗選手(西福岡中→福岡第一→日体大)が、短い期間に堂々とプロ選手と渡り合い結果を出し、地元ファンを大いに沸かせました。また、たくさんの皆さまに足を運んでいただき、観客入場者数はB2リーグ5位以内をキープし終えることが出来ました。結果、ホームアリーナ来場者はB2通算入場者数10万人を達成することもできました。
Bリーグ開幕よりシーズンを重ねることで地域の皆さまをはじめたくさんの方に支えられていることをより強く実感するシーズンとなりました。 会場等でお客さまお一人ひとりからお声がけいただく「ありがとう」や「がんばって」といったあたたかい一言は、私どもチーム関係者の支え、喜びとなりエネルギーとなっております。

改めて、ライジングゼファーフクオカを支えてくださるすべての皆さまの熱い応援に、選手、コーチ、スタッフ一同、心より厚く御礼申し上げます。
2021-22シーズンは、ファンの皆さまにさらに広く深く愛されるクラブとなるよう一人ひとりが精進し、ライジングの歴史に輝かしい1ページを加えるべく強い思いを持って、ファンの皆さまと共にB1昇格を目指してまいります。 引き続き皆さまの温かい応援をよろしくお願い申し上げます。

ライジングゼファーフクオカ株式会社
代表取締役社長 藤野孝



▼GM:仲西淳
今シーズンも皆さまの沢山のご声援本当にありがとうございました。
新しい顔ぶれが揃い、全く新しいチームとしてスタートしたシーズンでしたが、試合を重ねる度にチームに対する皆さまのご声援や熱が増していく事を肌で感じる事ができ、シーズン終了のブザーが鳴った時本当にこのチームを作って良かったと誇りに思う事が出来ました。
ライジングゼファーフクオカにとって今シーズンはまだ通過点です。これからも皆さまと共に大きな目標に向かい走り続けます。来シーズンも是非熱い応援を宜しくお願いいたします。

▼HC:ジョゼップ・クラロス・カナルス
まず選手達とスタッフ達の日々の意欲あるハードワークに感謝したいと思います。一緒に戦い、共に成長出来たのは彼らの素晴らしい人間性のおかげで最大の努力と情熱を持って仕事を出来たからです。この姿が皆さんの記憶に残る事が私達の最大の目的だと思っています。
福岡の皆さん、そしてライジングゼファーありがとう。

▼#0 楯 昌宗

今シーズン応援ありがとうございました!
目標の40勝には程遠い成績になってしまい申し訳ありません。
プロなので結果が全てだと思います。
ですが、全てにおいて全力で取り組んだことには間違いありません。
みなさんの期待に応えられなかった悔しさは今後の人生の肥やしにしたいと思います。
今シーズン沢山の応援をありがとうございました。

▼#7 ジョーダン・グリン

福岡の皆さまに僕を歓迎してくれたことに感謝しています。
シーズンを通して暖かいサポートをしていただき本当にありがとうございました。
残念ながらプレーオフという目標は達成できませんでしたが、この街で、そしてこのチームで戦って本当に楽しい時間を過ごすことができました。
日本で初めての生活はこの先も忘れることのない思い出になるでしょう。
サポートしてくれた全ての皆さまに感謝しています!今シーズンありがとうございました!

▼#8 植松 義也

シーズン途中からの合流でしたがチームの皆さま、ブースターの皆さまに温かく迎えていただきありがとうございました。
チームの目標であるプレーオフ進出はできませんでしたが、個人として多くの経験ができたことに感謝しています。
来シーズンは、もっと成長した姿を見せられるよう頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします。

▼#10 本多 純平

コロナ禍で色々と制限があるなか、たくさんの応援ありがとうございました。
無事に59試合できたのは、関係者の皆さま、ブースターのみなさまの協力のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
バスケット王国福岡でプレーできたことを嬉しく思います。

皆様、くれぐれも体調には気をつけてください。
今シーズンありがとうございました。

▼#11 ナイジェル・スパイクス

今シーズンはタフなシーズンでしたが、ファンの皆さまのおかげで最後まで戦い抜く事ができました。
残念ながらプレーオフに行くことはできませんでしたが、最後まで暖かい応援でチームを支えていただき本当にありがとうございます。
また皆さまとお会いできることを願っています。
最後までチームを支えていただきありがとうございました。

▼#12 菅野 正樹

シーズン途中からの加入にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。福岡という素晴らしいチームでプロキャリアをスタートできたことをとても誇りに思います。これからもたくさんの応援よろしくお願いします。

▼#14 権藤 和也

今シーズンは練習生からのスタートでしたが、ここまで這い上がってこられたのはブースターの皆さんのおかげです。ありがとうございました。
コロナ禍で大変なシーズンでしたが、無事終えることができて本当に良かったです。
また来シーズンも成長した姿を見せたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

▼#15 谷口 淳

今シーズンはたくさんの人が入れ替わり、地元の選手がほとんどいなくなった中でも僕たちを暖かく受け入れてくださってありがとうございました。この状況の中でも会場に来てくださった皆さん、会場には行けなかったけどリモートで応援してくれた皆さん、チームが苦しい時も変わらず応援していただき本当に感謝しています!
ありがとうございました!

▼#18 菅 俊男

自分達が目指していた所には届きませんでしたが、今シーズンチームでやってきたことは間違ってなかったと確信しています。
選手が大幅に入れ替わった中でも変わらない応援をしていただき本当にありがとうございました!

▼#21 加納 督大

今シーズンも沢山の温かい応援ありがとうございました。
昨シーズンから続くコロナ禍の状況の中で最後までシーズンを終えることができたのはご支援いただたスポンサーの皆さまをはじめ、ブースターの皆さま、ボランティアスタッフ、フロントスタッフ、チア、ライジングを応援してくれている全ての皆さまのお陰だと思います。
本当に感謝しております。
プレーオフ進出を果たせず申し訳ない気持ちですが来シーズンは個人としてもチームとしても更に上を目指して頑張りますので引き続きライジングゼファーフクオカをよろしくお願いします!
今シーズン本当にありがとうございました!
 

▼#33 白戸 大聖

今シーズン、多大なるご支援ご声援誠にありがとうございました。
コロナで大変な世の中ではありましたが僕たちがバスケットボールをできたのはサポートしてくださった皆さんのおかげです。感謝いたします。
チームも僕自身も非常に苦しいシーズンではありましたが、皆さんのおかげで戦い抜くことができました。
今シーズン本当にありがとうございました。

▼#39 船山 裕士

今シーズン応援ありがとうございました!
一年を通してコロナで大変な状況の中福岡でプレー出来たこと、試合にたずさわっていただいたスタッフの方や協力いただいた方々また、いつも応援していただいたブースターの皆さんに心から感謝いたします!
まだまだ大変な時期ですがどうか体には気をつけて
また会場であえますように!

39です

▼#44 丹野 合気

1シーズン応援ありがとうございました!
辛い事の方が多かったですがチームメイトやファンの皆さんの応援のおかげで乗り越える事ができました。
皆さんまた会いましょう!

▼#47 平良 彰吾

シーズン通して応援していただきありがとうございました!
今年はプロとして初めてのシーズンとなり、自分の思うように上手くいかないことや、苦しい状況が続くこともありましたが皆さまの声援やサポートのおかけで自分のプレーを続けていくことができました!
もっと多くの試合をチームメイトとプレーして、試合に出ているとこを多くの人に見てもらいたかったのですが、怪我でシーズン通してプレーすることができなかったのが残念でした。
今は来年また皆さまの前で、プレーできるのを楽しみにしてます!

プロ1年目のシーズンを福岡でプレーすることができ、最高のチームメイト、コーチ スタッフ、ブースターの皆さまと過ごせたことに感謝しています。
日頃からサポートしていただき、本当にありがとうございます!

▼#55 ジェラルド・ビバリー

日本で初めてのシーズンでしたが、ファンの皆さまのおかげで素晴らしいいシーズンを過ごす事ができました。
たくさんの応援や差し入れやサポートをいただき本当にありがとうございます。
日本の文化や生活を学ぶこともできましたし、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
最後にライジングの運営陣にも、このチームで戦うチャンスを与えてくださり本当に感謝しております。
今シーズン最後まで熱いサポートありがとうございました。

SPONSOR

プリンシパルスポンサー

オフィシャルパートナー

オフィシャルサプライヤー