MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【11/1 試合結果】vs.青森 GAME2

【11/1 試合結果】vs.青森 GAME2

11月1日(土)スポカルイン黒石にて行われました、青森ワッツとのホームゲームの試合結果・スタッツ/選手のコメントを掲載いたします。

試合結果”GAME2”
【青森】67-96【福岡】
1st 16-20
2nd 9-28
3rd 21-24
4th 21-24

【選手スタッツ】

◆加納督大(#21)
13ポイント3スティール

◆ケビン・ピンキニー(#22)
16ポイント15リバウンド(内オフェンスリバウンド5本)

◆ショーン・マーシャル(#23)
21ポイント7リバウンド

◆石谷聡(#24)
18ポイント4アシスト


ヘッドコーチ:ユーギカミノス
今日の試合を振り返って

素晴らしいプレーを披露してくれた選手を称えたいと思います。
昨日の敗戦からネガティブな雰囲気になってしまいましたが、その中でもしだかり勝ちに向かいポジティブな姿勢で取り組めていたと思います。
2ndクォーターからディフェンスでアタックしビッククォーターを作れたことが1つの鍵だったと思います。

前半を終えて、後半の出だしが大事とロッカールームで伝え、しっかり選手をローテーションし出場した選手がエネルギッシュに自分たちの仕事をしてくれたと思います。
新しいチームの形や厚みがみれた事に満足しています。

#21 加納督大
今日の試合を振り返って
昨日の試合で90点とられてしまったので、本日のプランは75点以下に青森を抑えるという事でチーム全体でディフェンスから意識出来ていたと思います。

青森のミスを得点に繋げれた印象でしたが
まずはディフェンス面で自分のマークマンに簡単にやられない事、抜かれてもヘルプディフェンスし1つのボールをマイボールにするまでチーム全体で意識できた事が流れのいいオフェンスに繋がったと思います。


次の試合に向けての意気込み
今日のような試合が出来れば勝利を掴めると思うので、チーム全体でディフェンスからハッスルしたいと思います。

#24 石谷聡
今日の試合を振り返って
前半、青森の失点を抑える事ができた事がライジングにいい流れを呼び込んだと思います。
オフェンスに関してもパスが回り、途中青森のゾーンディフェンスに重くなった時間もありましたがしっかり我慢出来たと思います。
後半、青森に21点ずつ失点しているので、前半出来た事を後半もできるように取り組んでいく必要があると思います。

ピックアンドロールが成功していたと思いますが
青森が外国籍選手が1人だったこともありファールをケアし後ろに下がっていたのでシンプルに気持ちよくシュートを打つ事が出来ました。

次の試合に向けて意気込み
昨年優勝している信州との試合なので、今日の良いところ・悪いところをしっかり見返して良いところを伸ばし、悪い部分を修正することが重要になってくると思います。
ホームゲームを連勝出来るように40分間通して全員で戦いたいと思います。