MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【10/20 試合結果】vs.香川 GAME2

【10/20 試合結果】vs.香川 GAME2

10月20日(日)とらまるてぶくろ体育館にて行われました、香川ファイブアローズとのアウェー戦(GAME2)の試合結果・スタッツ/選手のコメントを掲載いたします。

試合結果”GAME2”
【香川】73-78【福岡】
1st 23ー14
2nd 18ー24 
3rd 17ー22 
4th 15ー18 

【選手スタッツ】

◆ニックウォッシュバーン(#7)
15ポイント10リバウンド

◆ショーンマーシャル(#23)
21ポイント11リバウンド

◆石谷聡(#24)
14ポイント

◆城宝匡史(#31)
15ポイント

◆加納誠也(#41)
13ポイント

#24 石谷聡
今日の試合を振り返って
序盤厳しい展開でしたが、我慢し接戦に持ち込み勝ち切ることができ、沢山の収穫がありました。

我慢できた要因は
昨日の試合を踏まえ、いい部分やダメな部分が明確だったのでチームとしてやるべき事をきちんと意識し続けることが出来たからだと思いますし、コミュニケーションもいつも以上にとれていたからだと思います。

今日の勝利を踏まえて次節はどのように戦いたい?
ホームゲームとして初の五島開催なので勝利を届けたいですし、今日の勝ちの流れをしっかり積み重ねていきたいと思います。
試合を通して我慢することの大事さや、試合の中の流れをチーム全体で理解・把握し自分達の流れを多く作れるように戦いたいと思います。


#31 城宝匡史
試合を振り返って
前半、ウッドベーリー選手(香川)に気持ちよくプレーさせてしまっていましたが、後半ゾーンディフェンスに切り替え、徐々に福岡の流れに持ち込むことができた事が勝因だと思います。
80点以上失点している試合はほとんど負けているので60点~70点台に抑えれるようにディフェンスに重視していきたいと思います。

アウトサイドシュートについて
シュートセレクトがしっかりできたと思います。チームとしては、ピック&ロールからオフェンスを組み立て、ヘルプがきた際はアウトサイドにさばき、迷わず気持ちよくシュートを打とうと意識し、全体で良いバスケットができたと思います。

本日の勝利を踏まえて次節に向けての意気込み
ディフェンスをしっかり修正が必要だと思うので、しっかり準備したいと思います。
オフェンスについては、ドライブからキックアウトし相手ディフェンスのズレを作り気持ちよくシュートを打つために、チーム全体でボールを回せるようにやっていきたいと思います。