MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【10/16 試合結果】vs.広島

【10/16 試合結果】vs.広島

10月16日(水)マエダハウジング東区スポーツセンターにて行われました、広島ドラゴンフライズとのアウェー戦の試合結果・スタッツ/選手のコメントを掲載いたします。

試合結果”GAME1”
【広島】88-82【福岡】
1st 25ー21
2nd 11ー25 
3rd 25ー16 
4th 27ー20 

【選手スタッツ】

◆村上駿斗(#1)
17ポイント

◆ニックウォッシュバーン(#7)
14ポイント10リバウンド

◆薦田拓也(#8)
11ポイント

◆青木ブレイク(#15)
10ポイント

◆ショーンマーシャル(#23)
24ポイント6リバウンド


#1 村上駿斗
今日の試合を振り返って
去年まで在籍した広島との試合でしたが、ディフェンスからハードにプレーし走るタイミングでしっかり走りチームでセットプレーを作る事を意識し、個人でなんとかしようでは無く、チームから求められている事を表現しようと試合に臨みました。

後半に逆転された事について
勝ちきることはできませんでしたが収穫は沢山ありました。
その中でも前半をいい流れで終われた事が一番の収穫だったと思います。
また、今日の後半の出だしのように我慢の時間が続いた時にセットプレーや、どこを起点にして点を取っていくかという部分で共通理解を持ってやっていく必要があると思います。

今週末の香川戦に向けて意気込み
ディフェンスをしっかり頑張り、アグレッシブにバスケットへアタックする所を徹底し最後の勝利の瞬間まで気を抜かずにハッスルしたいと思います。
最後に、平日にも関わらず福岡ブースターの皆さんが応援に来ていただたり、バスケットLIVEで声援を送ってくれた皆さんに感謝を伝えたいと思います。
また、広島の方にも色々なお言葉を頂き、プレーしている姿を見せる事ができ感謝しています。


#8 薦田拓也
今日の試合を振り返って
2Q以外は20点以上取られてしまっているので、もっとコミュニケーションをとりながらディフェンスをする事や相手チームの特徴を捉えながディフェンスをしていくと勝ちゲームを作っていけると思います。

逆転されましたが粘り強く戦えたのでは
ターンオーバーが出た時でもチーム全体で我慢し、ディフェンスやリバウンドから立て直す事ができたと思います。

次節の試合に向けて
先週初勝利をしましたが、負けている試合でも接戦のゲームができているのでポジティブに我慢しながらやり続けて行くことが一番大事だと思います。切り替えて次の試合に臨みたいと思います。