MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【9/22 試合結果】vs.茨城:GAME2

【9/22 試合結果】vs.茨城:GAME2

9月22日(日)アダストリアみとアリーナにて行われました、茨城ロボッツとのアウェー開幕戦の試合結果・スタッツ・ヘッドコーチ/選手のコメントを掲載いたします。

試合結果”GAME2”
【茨城】100-71【福岡】
1st 25-13
2nd 29-12
3rd 23-24
4th 23-22

【選手スタッツ】

◆村上駿斗(#1)
9ポイント

◆ニックウォッシュバーン(#7)
12ポイント10リバウンド6アシスト

◆薦田拓也(#8)
9ポイント

◆ショーンマーシャル(#23)
25ポイント7リバウンド

 

ユーギカミノスHC

試合を振り返って
茨城は素晴らしいチームでした。
昨日と同じような試合展開となり出だしで苦戦してしまいました。
後半の入りの部分ではディフェンスの仕掛けがハードになり前半出なかった"ファストブレイク"がでるなど
いいリズムを作ることができたと思います。
これから後半のような戦い方が試合を通して40分間できるようにしていきたいと思います。
次の試合に向けて、気持ちの部分で負けないように今日の後半戦のような試合をやっていきたいと思います。

◆堤啓士朗選手

試合を振り返って
昨日の試合から修正ができたところと出来なかった所があったと思います。
今日の試合を踏まえてディフェンスからアグレッシブに仕掛けることなど精度を上げて行かないと思います。
もっとお互いを信頼しあいチーム力を上げ、試合の出だしから気持ちを前面に出し戦いたいと思います。

◆加納誠也選手

試合を振り返って
気持ちの部分で全員で戦うことができず個人で戦ってしまっていたと思います。
特にディフェンスの部分が徹底できておらずチームとして1つのボールを守ろうとする事が出来ていなかったと思います。
オフェンスの部分でもタフショットが多かったと思うので、犠牲心をもって1つのシュートの為に皆が連動していく必要があると思います。
今回の茨城戦の敗戦を生かし、もっとお互いが信用しあいヘッドコーチが求めるバスケットボールを実行できるように練習に取り組んでいきたいと思います。