MENU

ライジングゼファー福岡

RIZING ZEPHYR
FUKUOKA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【9/21 試合結果】vs.茨城:GAME1

【9/21 試合結果】vs.茨城:GAME1

9月21日(土)アダストリアみとアリーナにて行われました、茨城ロボッツとのアウェー開幕戦の試合結果・スタッツ・ヘッドコーチ/選手のコメントを掲載いたします。

試合結果”GAME1”
【茨城】86-74【福岡】
1st 23-10
2nd 26-15
3rd 29-25
4th 8-24

【選手スタッツ】
◆村上駿斗(#1)
10ポイント

◆薦田拓也(#8)
12ポイント

◆青木ブレイク(#15)
11ポイント10リバウンド2ブロック

◆ショーンマーシャル(#23)
18ポイント

 

ユーギカミノスHC

試合を振り返って
茨城に攻守に渡りアグレッシブにバスケットを展開され、このような結果になったと思います。
特に第1Qについてはリズムのいい茨城のバスケットに苦戦し自分達のリズムを掴めずオープンショットを成功する事が出来ませんでした。
しかし後半から出場した若い選手達がハードに戦ってくれた事で今後に繋がる収穫だと思います。
本日は敗戦となりましたが、明日に切り替え戦いたいと思います。

◆石谷 聡選手

試合を振り返って
序盤で茨城にペースを掴まれてしまい、自分達のやりたいバスケットが出来ませんでした。
試合を通してチームとして戦っていかないといけないと思います。
後半、色々な選手が出場しエナジーをもって点差を縮められたのは良かったと思います。
今日を踏まえて全員が気持ちをもってプレーすれば良くなってくると思います。

今日の試合を踏まえどのように戦いますか?
序盤をしっかり接戦に持込めば勝機はあると思うのでスタートを意識して戦いたいです。
 

◆鈴木 龍雄選手

途中出場で得点も決めましたが?
プレーで流れを持ってこれるようにアグレッシブなプレーしないといけないと意識して挑みました。
気持ちを出してプレーできた事は自分としても大きな収穫になりました。

明日の試合で大事になることは?
コーチが求めているアグレッシブさを最初から表現していく事が重要になってくると思います。
チーム全体で共通理解をし40分間、アグレッシブにプレーする事が大事になってくると思います。
 

◆村上 駿斗選手

試合を振り返って
前半から点数が開く展開でしたが、こういう時こそベンチから盛り立て、戦う意思を出していかないといけないと思います。
試合に出場してからは明日に繋がる展開にしたいと思いプレーしました。

応援してくれたブースターの皆さんへ
各地からご声援ありがとうございました。
点数的にも厳しい内容で、思うように試合とはなりませんでしたが下を向かずに最後まで戦う姿勢をプレーで見せていきたいと思います。
 

◆権藤 和也選手

どんな気持ちでコートに立ちましたか?
試合に出場したら積極的に攻めていこうと思い臨みました。

初得点の感想は?
自分の得意な3Pシュートが初得点になり自分らしいかなと思います。

明日の意気込みは?
自分ができる100パーセントの力を全力で発揮しチームの勝利に貢献したいと思います。